会社設立・起業 青色申告のメリット

どーも。松岡です。
前回は、会社を設立したのちの提出書類についてご紹介しました。
その中で青色申告の承認申請書というのがありましたが、具体的に、青色申告って何?青色申告のメリットは?と思われた方も多いと思いますので、青色申告について、もう少し詳しくご紹介します。

会社が法人税の申告をする場合には、「青色申告」と「白色申告」という2つの方法があります。法人税の申告書の表紙にあたる別表(一)という書類の色が青色申告の場合は、青色の紙で、白色申告の場合は、白色の紙となります。

青色申告の承認申請書を会社設立後、遅滞なく提出していれば、ちゃんと帳簿を記帳し、請求書などを保管していることを要件に青色申告で申告をすることができます。

青色申告のメリットはといいますと、以下のものがあります。
(1)欠損金(赤字)の繰越控除
赤字を9年間繰り越して、翌年度以降の黒字と相殺することができます。このため、納税面で非常に有利になります。

(2)税務上の特例が利用できる
特別償却や税額控除といった税金を計算するうえでの特例を使えるようになります。少しでも税金が少なくなるような方法を選択することが可能となります。

(3)税務署が推計課税できない
推計課税とは、帳簿の記帳に不備があったり、請求書などの書類の保存状況が極めて悪いなどの理由により納税者の資料によって所得金額の検討を行うことが不可能な場合に、税務署は納税者の生活状況や財産債務の増減の状況、収支の状況、従業員数、同業他社との比較等の方法で所得金額を「推計」し、金額を決定することができることとなっており、このような方法により課税することを「推計課税」と呼んでいます。
青色申告の場合は、きちんと経理処理をし、書類を保存していることが要件となりますので、税務調査の際に、このような「推計課税」が行えないことになります。
「推計課税」が行われることによって、実態よりもたくさん利益があると推計されたりするような不利な課税が行わる可能性もありますので、大きなメリットといえます。

以上が青色申告のメリットですが、期限内に確定申告をしなかったり、帳簿や領収書を捨てたりしていると、青色申告の承認が取り消されてしまい特典が受けれなくなりますので、注意が必要です。

腰が痛くなってから一週間がとても長く感じます。
ベッドでゴロゴロしていたい。。。
ではでは、松岡でした(@^^)/~~~