会社設立・起業 電子定款認証とは?

どーも。松岡です。
ぎっくり腰が、なかなか良くなりません。一時は整体の先生に診てもらって良くなったのですが、その後、調子に乗って安静にしなかったせいだと思います( ゚Д゚)ガーン

そんな満身創痍な松岡ですが、今回は、電子定款認証についてご紹介したいと思います。

そもそも定款とは、会社の憲法みたいなもので、会社を設立するにあたり必ず作成しないといけない書類となります。
また、この定款については、会社の根本原則というか、決まり事を記載することになりますが、この記載項目には絶対に盛り込まないといけない「絶対的記載事項」と絶対に記載が必要とはされないが、定款に定めない限り、その事項の効力が認められない「相対的記載事項」が会社法で定められています。

この作成された定款について、公証人の認証を受けないければなりません。
以前は定款は必ず紙媒体で作成する必要がありましたが、2004年3月より電子媒体(PDFファイル)での認証ができるようになりました。これを「電子定款」といいます。

そして定款は印紙税の課税文書のため基本的に4万円の印紙を貼付しなければなりませんが、電子媒体で作成したものは印紙税の対象ではありませんので、電子定款にすれば印紙代を節約することができるというメリットがあります。

ただし、PDFファイルといっても単に文書をスキャンすればよい訳ではありません。
電子証明書を取得したり特別なソフトを購入するなど電子定款を作成するための環境を準備しなければなりません。
そのため、ご自身で電子定款を利用しようとしても、実際には印紙代以上のコストがかかる可能性もあります。
また、電子定款を利用するにしても、従来どおり、公証人役場に行って認証を受けることが必要です。

株式会社を設立する際には、定款を作成し、公証人役場で認証してもらう必要があります。
以前は定款は必ず紙媒体で作成する必要がありましたが、2004年3月より電子媒体(PDFファイル)での認証ができるようになりました。これを「電子定款」といいます。
ただし、PDFファイルといっても単に文書をスキャンすればよい訳ではなく、電子証明書を取得したり特別なソフトを購入するなど電子定款を作成するための環境を準備しなければなりません。そのため、ご自身で電子定款を利用しようとしても、実際には印紙代以上のコストがかかってしまう可能性もあります。

これから会社を作ろうという場合、できるだけ余計なコストは削減したいですよね?
そんな方は、是非、松岡会計事務所にご相談ください。電子定款認証にもちろん対応しているので、印紙代の節約になりますし、今なら通常いただく、会社設立の手数料を無料にさせていただくキャンペーンを実施中です。

温泉でも行って腰を治せたらなあ~なんて夢のようなことを考えている松岡でした(@^^)/~~~